会社概要

企業理念

― アルプスが目指したい姿

私たちは、良質な原材料から真心込めた商品を作り、
人々の健康と豊かな食文化に貢献し、
お客様・地域社会から喜ばれ、
信頼される会社を目指します。

企業価値

― アルプスが大切にしたい価値観

変革推進
新しいアイデアや発想に前向きに取り組み
常に創意工夫し変革へ挑戦し続けます
お客様重視
変化するお客様ニーズを捉え
お客様の立場を優先して考え、行動します
品質向上
安全で衛生的な職場から
高品質の商品作りへたゆまぬ努力を行います
誠心誠意
相互尊重
高い倫理観をもち、自分にも他人にも誠実で
互いを尊重します
成長志向
社員の成長は会社の成長の源です
会社は働き甲斐のある職場を作り
意欲ある社員の成長支援に努めます
  • Company Infomation会社概要
    • 会社名

      アルプス食品工業株式会社

    • 代表者名

      石川 眞吾

    • 創業

      1933年

    • 資本金

      2500万円

    • 本社

      〒116-0013 東京都荒川区西日暮里4-15-11
      TEL. 03-3821-3783  FAX. 03-3821-0631

    • 工場

      〒346-0114 埼玉県久喜市菖蒲町上栢間3079
      TEL. 0480-85-1125  FAX. 0480-85-1127

    • 事業内容

      各種ジャム(ビン詰・缶詰・袋詰)、清涼飲料水、水羊羹、ホイップ用ソース、ゼリー、ムース、プリン等の製造販売

    • 加盟団体

      公益社団法人 日本缶詰びん詰レトルト食品協会、日本ジャム工業組合、東京商工会議所

  • Company History沿革
    • 1933年

      「石川太市商店」の屋号でジャム製造を開始。

    • 1940年

      びん詰めジャムの製造を開始

    • 1947年

      株式組織とし、アルプス食品工業株式会社とする。

    • 1967年

      本社工場が JAS(日本農林規格)認定工場となる。

    • 1969年

      石川太市、日本ジャム工業組合理事長となる。(1982年退任)

    • 1971年

      埼玉県南埼玉郡菖蒲町に埼玉工場を新設。

    • 1973年

      埼玉工場、JAS認定工場となる。

    • 1977年

      埼玉工場、埼玉県知事より食品優良施設工場として表彰される。

    • 1978年

      貯湯式全自動レトルト装置を導入。

    • 1980年

      埼玉県上尾市内に配送センター(総合倉庫)を設置。

    • 1990年

      ゼリー・ムース生産拡充のためアルミック缶を導入し
      生産ラインを新設。

    • 1991年

      石川元昭、代表取締役社長に就任。

    • 1995年

      VP-M10大型パウチ充填機を導入し
      業務用ジャム製品の拡充を図る。

    • 2003年

      大型加圧式レトルト殺菌機を増設し
      デザート製品生産の効率化を図る。

    • 2004年

      アルミック充填機向けスノーメーターを導入し
      2層デザート製品の新規分野への進出を図る。

    • 2007年

      ジャム工場全面改装実施及び、全室空調設置。

    • 2010年

      ゼリー・ムース工場全面改築実施及び、空調設置。
      貯湯式全自動レトルト殺菌機、新規導入を図る。
      工場敷地を整備し、2800坪とする。

    • 2011年

      地下水軟水化処理システムに全面変更を図る。

    • 2013年

      ゼリー・ムース生産拡充のため、樹脂容器充填機新規導入。
      ボイラーシステム入れ替えを実施。

    • 2014年

      5月 石川 亘之、代表取締役社長に就任。

    • 2017年

      樹脂容器2層充填機新規導入。

    • 2018年

      5月 石川 眞吾、代表取締役社長に就任。

  • コンセプト
  • こだわりの製品
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ